川越での相続に関するマナーやルールは相続する者たちの付き合いによるところが大きい

HOME>特集>先手を打つこともできるので不安視することはない

弁護士以外に相談可

男女

川越エリアで相談可能な士業者によって相続が『紛争』にならないように先手を打つことができます。仲の良かった兄弟が遺産で揉めて、口も利かなくなる実話は掃いて捨てるほどよくあることです。遺言書さえあれば、そこまでの争いになることはほとんどありません。ちなみに、張本人が理解してくれるなら、活用したいのが信託銀行が実施している遺言信託です。士業者は敷居が高い、費用が高い印象がもたれやすく、遺言書の作成の相談から内容の執行、保管までを信託銀行がすべて引き受けてくれるサービスです。従来かかっていた基本手数料の無料化の問題はありますし、取引残高のハードルは高いものの、トータルサポートは大きなメリットです。

日頃からの付き合い

男女

相続においてのルール・マナーがあるとすれば、最後の審判となるまでこじれないよう、話し合いで解決させることです。川越での士業者の多くは遺産相続に深く関与してくれます。調停が成立しない場合、利害関係のある人の言い分を聞き、調査をして遺産分割の決定をします。利害関係というのなら、どちらかが利益になり、どちらかが損害を背負うことにもなりかねません。手続き全般いえることですが、裁判の確定裁判と同じ効力がある内容であれば、同意した以上はこれに従わざるを得ないものです。審判においては、同意せずとも裁判所が決定することになりますから、さらに酷です。

広告募集中